高額アルバイトといわれる医師のバイトの実態とは

医師のアルバイトの特殊性

アルバイトといいますと学生がするシンプルなものと考えてしまいますが、医師のバイトに関しては人間を生かすか殺すかそして、生死にかかわる仕事だと言いきれますし言うまでもなく免許がなければすることが出来ません。十分な技術が求められます。起用する側もハイレベルに実績豊富な経験者を雇用します。そういうことからそう簡単に合格を勝ち取る確率が低いのが現状で、病院サイドは常時業務につく人をきちんと大切に扱います。

アルバイトの一時間あたりの報酬とは

大学生が行っているようなどこにでもあるようなアルバイトとは1時間あたりの賃金が、まったく異なります。平均時給につきましては800円くらいですが、医師のバイトにつきましては、一時間あたり一般的に一万円位です。これが8時間とすれば1日あたり8万円、1週間5日で年間であれば、相当な額になります。それとは逆に常時病院に勤務する場合は24時間体制で就業することも多いのにアルバイトよりも少ない場合があります。

常勤とアルバイトの差異は非常に大きいです

病院サイドから言えばアルバイトを採用しているかぎりマイナスが継続してしまうようです。従って常勤を重要視して雇い入れ人員が足らないなら非常勤職員のバイトも雇い入れるとのことです。常勤が入るとバイトは間髪をいれず外します。いきなりクビを言い渡される立場にいます。真の意味で医師のバイトはプラス面とマイナス面をあわせ持った高額バイトといえます。こうした仕組みを十分に理解したうえで、医師のアルバイトについて考える必要があります。

医師のバイトとは、若手の研修医などが手当の不足を補うために、実地訓練も兼ねて他の病院などの夜勤・当直の仕事を請け負うことを言います。